モバイルコーヒー講座
2.コーヒーの基礎
2-3 焙煎したて?
豆の新鮮さ
コーヒー豆を購入する時に表現する"新鮮な豆"とは、おもに焙煎してからの経過を指します。

もちろん生豆自体の鮮度もあるのですが、生豆は適切な環境であれば、数ヶ月は大きな劣化はありません。 (生豆については、いずれ別の記事で掲載します。ちなみに雫珈琲では、ニュークロップ,カレントクロップのみを扱っています。)

コーヒー豆は焙煎すると、コーヒーの水分が蒸発し、豆に含まれる油分が滲みでてきます。この中にコーヒー独特の芳醇な香味が含まれています。 豆は、焙煎直後から急激な劣化が始まります。特に油分が酸化すると非常にマイナスな味になるため、2ヶ月以上経過すると、飲めるけどおいしくないコーヒーとなります。 浅煎りよりも深煎りした豆は、表面に油分が滲み出てくるため、表面がギラギラしていることもあります。劣化もより早くなるので気をつけてください。

焙煎したての豆で淹れたコーヒーは、香りが豊かで、劣化がないため美味しいです。
豆か粉か
コーヒーミルを持っていない場合はやむ得ないですが、コーヒーを淹れる直前まで、豆で管理するのが良いです。

豆を粉にすると、
表面積が広くなり → 空気に触れる面積が増えます → すると酸化が急激に進み。香味成分が逃げます。
焙煎したての豆も粉にしてしまうと、鮮度が急激に落ちるので、淹れる直前までは、豆の状態で管理することをオススメします。


↑上へ[0]  辞書[9]
時間割へ[*]  topへ[#]

Copyright (c) 2009 雫珈琲 All right reserved. 無断転載禁止

雫珈琲-パソコン版はこちらへどうぞ。